志望校と偏差値

志望校と偏差値

自分が行きたい学校の偏差値を知る

中学受験で、自分が行きたい学校に合格できるかどうかの目安になるのが、各塾が設定している「偏差値」です。それぞれの塾が過去の蓄積されたデータから、次年度の合格可能偏差値を割り出し、公開模試や志望校合格判定テストなどに使います。
自分が行きたい学校の合格可能偏差値を知り、今の自分の成績を知って、最終的には「受験するかどうか」判断していかないといけません。

中学受験 難易度(偏差値一覧)
中学受験で受験校を選ぶときは、通っている塾の偏差値表に従います。ですが、それは6年の受験校決定のときの話。4年や5年で希望する中学に成績が足りないなら、まずは志望校の偏差値に達するために、足りない部分をどう補っていくか考えましょう。

「偏差値が足りていないので、やむなく第2志望に切り替える」か、「最後まであきらめずに挑戦する」かはご家庭での判断です。塾で教える側の視点で書けば、「泣く泣く第1志望校をあきらめる」のを見るのもつらいですが、「チャレンジして失敗してくる」姿を見るのもつらい。
ホントに学校選びは難しいものです。

第1志望校にこだわりたい

そんな受験校決定に関して、次の記事も参考になるかもしれません。

中学受験、第1志望校受験を貫きたい!
第1志望校を諦められない ときどきご相談を頂きます。 特に入試が迫ってきた時期、受験校や併願校についてのご相談を...
偏差値55前後で、大阪星光など難関校合格は無理ですか?
塾の公開模試、偏差値55ぐらいだと「最難関には手が届かない。中堅校を目指そう」となるのが普通です。でも、これからのやり方によっては、難関校の合格ラインに近づき合格を取ってくることも夢ではありません。

偏差値にこだわらない学校選び

関西主要中堅進学校の大学進学実績と志望校選択
最難関の中学、どう頑張っても手が届かないこともあります。また、合格可能性が高い成績を取っていても、本番で失敗する、これも...
偏差値に踊らされない~合格校を決める偏差値以上に大切なもの
偏差値という怪物のようなもの テストを受けた集団の中で、どの位置にいるのかを手っ取り早く知る方法、それが偏差値です。 ...
子供を6年間預ける学校を「大学実績」だけで選んではいけない理由
わが子を入学させたい学校、どんな基準で選んだらいい? 保護者様からの質問にお答えしました。 学校選びについてのお問い...
「行きたい学校を目指す」にもどる
タイトルとURLをコピーしました