「受験算数を基礎から固める」ために親ができること

算数が苦手だと、中学受験では圧倒的に不利

「うちの子、算数が苦手なんですけど・・・
だから、何とか算数のできる子にしたいの。先生、どうしたらいいですか?」

子供を塾に預けているお母さん、お父さんの共通する願いです。

実際、中学受験では、「算数の出来・不出来が合否を左右する」ことが多く、

どのお母さん、お父さんも、子どもが苦手とする算数を克服させるために四苦八苦しています。

算数の成績を上げるために、家庭でできることは?

計算がある程度できる、ということを前提にして、ご家庭でできる算数の得点アップの秘策をまとめておきます。

算数の問題に解答するには

➤ 問題を読む → 式を作る → 計算する

という流れが必要です。

当然ですが、このどこかが滞ったら、正解は出てきません。

1 問題を読む

先生、質問です!と持ってきた子に、「問題をよく読んでごらん」と言うと、
半分ぐらいの子は「あ、分かった」と帰っていきます。

問題に書かれた条件の見落とし、答えるべきところを間違えている、など、問題をしっかり読めば解決する場合もけっこうあるのです。

ですが、

条件が複雑になってきたら、1度や2度読んだだけでは内容が頭に入ってこないもの。

「問題文に線を引きながら読む」ということを薦める先生もいますが、子供は「ただ線を引くだけ」で意味を考えようとしません。

ですから、できれば

➤ 条件を書きだす

➤ 図や表にまとめる

こういう作業を行えるようにならないといけません。

低学年のうちは必要なくても、学年が上がってくれば、「作業」なしにだと、少し複雑な問題はもう解けません。

問題を読むというのは、読んだうえで「条件を書きだし」「図や表にまとめる」ところまでできて初めて「読んだ」ということになるとお考え下さい。

式を作る

問題を読んで、図や表にまとめたら、そこからすぐ解答を導ける場合もあります。

ですが、多くの場合、図や表にまとめたことから分かることを、式を作りながら考えていかないといけません。

算数は数学と違い、式がすべてということはありませんが、少なくとも答えを導く過程で何らかの立式は必要になります。

単純なものであれば、公式に当てはめるだけで答えが求められるでしょうが、入試レベルの問題ともなれば、話はそう単純なものではありません。

ひとつひとつの数の意味」を考え、それを使って「計算して出た答えの意味」を考え、その数を手掛かりに問題の核心に迫っていくという姿勢が必要です。

計算する

こうして問題を解いていく途中で出てくる計算にはスムーズに対処していかないといけません。

工夫できるところは工夫し、暗算が使えそうなら暗算し、きちんとひっ算しないといけないところではひっ算し、と、とにかく速さと正確性が求められます。

そして、これらの過程をすべて子供一人でこなしていくことができるようにならなければ、入試問題は解けないし、目指す学校に合格を取ってくることは不可能なのです。

お母さんやお父さんが、おうちでしないといけないことは?

もし、この3つの段階のどこか一つでも欠けていたら、その部分を強化していかないといけません。そして、そのためには、お母さん、お父さん、あなた方が奮起しないといけません。

毎日の宿題チェックに手抜きはできません。

分からないところが出てきたら、一緒に解説を見て子供に説明してあげないといけないこともあるでしょう。

ご主人が教えるにしても、昔得意だった数学的なやり方で教えてしまい、

子どもは混乱、訳が分からなくなってきて、お父さんはキレるし、散々な結果になることも多いようです。

かといって、お父さんやお母さんに、算数の教え方、考え方が一朝一夕で身につくわけもなく、「やっぱりお金を払ってでも個別指導にお願いしよう」、とか、「家庭教師を探そう」という話になる。

個別指導、高いうえに効果がなければ?

ですが、分からないところを子供が納得するまで教えてもらおうと思ったら、授業を追加していかないといけなかったり、

リーズナブルな個別指導だと思って子どもを預けたら、担当してくれる先生は大学生、しかも、1問ごとに「ウ~ン」と考えだして、とても効率よく教えてもらえないということになったりもします。これはいくら優秀な大学生でも、数学を使ってなら解けるけど、算数に落とし込めないからです。

こうなってくると、それこそ時間とお金の無駄遣い。

塾の先生も手一杯…

塾を目いっぱい利用しよう、それがリーズナブルだと、

塾の先生に質問に行かせたら、今度は質問する子供たちの長蛇の列。

5つ聞きたいところが、1つか2つ質問するので精いっぱい、なんてことになる場合も多いようです。

お母さん、あなたがお子様の質問に答えてあげませんか?

そこで、ボクからの提案です。

お母さん、お子様に算数を教えてください!

決して難しいことではありません。

今回ボクが提案する方法で、学生時代数学が苦手だったというお母さんでも

算数を教えられるようになります。

お母さんが一番子供のことを分かっている!

実際、子供のことを一番よく分かっているのは、ふだん、ずっとそばにいるお母さん、場合によってはお父さんです。

そして、ここが苦手だ、この部分をもっと強化したい、それを一番わかっているのも

そう、お母さん(お父さん)です。

問題は、どうやって「算数で」教えるか。

塾で使っているテキストには、かなり詳しい解説がついてきていますよね。

家で子供にそれを読み解いて、「あ、ここはこうやって解いている」とか、なんとなく、訳が分からないままに教えていませんか?

解き方をなぞるだけでは力はつきにくい

これは子供に「考え方」を教えているのではありません。

「解答を暗記させている」だけになってしまっているのです。

つまり、この問題が出たら、ここに書いてあるように解きなさい、と、子どもに覚えさせているという訳です。

なぜなら…

お母さんが算数の教えたい単元の全体像を把握していないので、

・この問題のどこがポイントで、

・この先、その知識やテクニックをどう使っていけるのか、

というところにまで踏み込んで教えられていないからです。

 

普通におうちで「解説を一緒に理解する」というやり方をやったところで、子供の算数力はなかなか伸ばせません。

ですが、それは当然です。

お母さんは「受験算数の専門家」ではないですから。

 

そこで、

 

・もしお母さんが、算数の全体像を掴んで

・その中で絶対に身につけさせないといけないことが、分かっていたら、

・どこが重要なポイントか、お母さんがきちんと把握していたら、

 

教え方、正解への道筋の作り方、など、教える内容がが大きく変わってくるでしょう。

それどころか、

・子どもに質問させて、そういう重要なポイントを的確に指摘しつつ、しかも

・短時間で、分からないところを消化させることができ、

子どもの大切な時間を無駄にすることもなくなってきます。

受験勉強は時間との闘いです

受験勉強というのは、どれだけ有効に時間を使うか、これが非常に大切です。

与えられた大量の課題を、ひとつひとつきちんとこなすのにも時間がかかります。

夜中の1時2時までやるような子も、中にはいます。

そして睡眠不足になってしまう。

もちろん、睡眠不足は子供にとって何のメリットもありません。

・授業中眠くて集中できない、

・集中できていないから、塾の授業でやった大切なことは身についていない、

・分からないまま帰ってくるので、家庭学習で無駄に時間がかかり、

・ますます睡眠不足になっていく。

この悪循環は、絶対にどこかで断ち切ってあげないといけません。

たとえ、個別指導で素晴らしい先生に当たっても、睡眠不足で、個別の授業中にまで、「つい、ウトウト」してしまう。

意味ないですよね。

仮に、そこで効率よく理解できたとしても、そこまで行く時間や、待機している時間など、やはり無駄な時間が生じます。

お母さんも行き帰りの送り迎えなど、負担は半端ありません。

ですが、もしおうちでお母さん(お父さん)が対応することができたら、そんな時間の無駄も最小限に抑えられます。

子どもに十分な睡眠をさせてやることもできるでしょう。

お母さん、「算数の教え方」を勉強しませんか?

手順は以下の通り

1 「保護者が子供に算数を教えるためのテキスト」を入手する。

2 テキスト内の考え方、問題を解くためのテクニックに目を通し、全体像を掴む

子供たちがつまずきやすいポイント、間違いやすいポイントも、例題と考え方を紹介し、お母さんでも十分子供に教えられる構成になっています。

好きなところから、毎日少しずつでもいいのでやってみましょう。

(もちろん、これに取り組むのは「お母さん」です。)

3 子供の宿題に対応する

そういう基礎知識、土台を作った上で、子供が持ち帰る宿題を見てください。

今までと違って見えてくるはずです。

この問題のポイントはここで、これさえしっかり理解しておけば大丈夫よ~

と、子供に声をかけてあげることもできるようになります。

少々お高いですがそれだけの値打ちはあるはずです

市販されているテキストと違って、1冊1冊注文いただくごとに作っています。

送料もかかってきますから、少し値段は高くなります。

ですが、他のどこにも売っていないテキストです。

お母さんが質問に対応するメリットは?

お母さんが子供の質問にちゃんと答えることができたら、たくさんのメリットがあります。

それは、

 子どもの時間を有効に使える

だけではありません。

もっと実際的な効用があります。

 中学受験という大きなイベントに、本当の意味で親子で参加できること(さらにここにお父さんも参加すれば、家族のイベントとして、一生の宝物になるような貴重な経験ができます

 親子の間でのコミュニケーションが今まで以上に密にとれるようになります

 お母さんも入試に向かって頑張っているという姿勢を子供に示すことができ、子供が自分でもっと頑張る姿勢を示してくれます

 お母さんが算数を教えられるようになることで、子供の尊敬を得られます(実は、これが後々役に立ちます)

 難しい問題をどこまでやったらいいのか、子供に適切な指示を出せるようになり、結果、子供の過度な負担を減らすことができます(中学受験では、適切な難易度の問題を適切な量こなす、これが伸びていく子には必要ですから)

 お母さんが算数嫌いだと、子供のなかに「別にできなくていいし」という気持ちが芽生えますが、お母さんが楽しそうに算数の問題を解くようすが子供に伝われば、子供も楽しんで問題にあたれるようになります

 お母さんが算数の全体像や回答までのプロセスをきちんと理解していれば、どこで子どもを褒めたらいいか、とか、子どもがどこまで分かっていたらいいか、とかが掴みやすくなります。

注意しないといけないこと

さて、いくつかメリットを書きましたが、注意しないといけないことも、もちろんあります。

 お母さんができたんだから、あなたもできるでしょ?とか、お母さんが頑張っているのだから、といった押し付けは厳禁です。子どものやる気をそぎます。

 自分が分かって嬉しいのでついつい子供に教えすぎてしまうお母さんにならないようにしないといけません。あくまでも考えるのは子供です。

 こんなことも分からないの、と子供にきつく当たってはいけません。子供の気持ちがどんどん後ろ向きになっていきます。

(分かったの、すごいじゃない!とか、どこまで考えたか、お母さんにも教えてよ!とか、どんどん褒める、持ち上げる方向で、お母さんの知識を使っていってください。)

お母さんが算数を上達することで、子供はどんどん成績を伸ばしていきます。きっとそれを実感できるでしょう。

大人だけが頑張るのでもありません。

一緒に目標に向かっていく、この一体感こそが貴重なのです。

タイトルとURLをコピーしました